愛情のホルモン

HIV、すなわちエイズウイルスを保有する血液、精液をはじめ、女性の母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分等に接触した場合、HIVに感染する危険性が高くなります。
触れあいなどで、患者が猫をすごく可愛いと感じた時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを軽減したりヒーリングなどに結びついています。
心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が細くなってしまい、血流が途絶えて、大切な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋肉細胞自体が機能しなくなる大変重い病気です。
スマートフォンの細かなちらつきを軽減させるレンズの付いたPC専用メガネが非常に人気を集めている理由は、疲れ目の手当に大勢の方々が苦心しているからではないでしょうか。
欧米諸国おいては、新薬の特許が切れてから約30日後には、製薬市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に取って代わるという薬もある位、ジェネリックは先進国で知られているのです。
ストレスが蓄積する経過や手軽で有用な抗ストレス法など、ストレスにまつわる正確な知識をお持ちの方は、さほど多くはありません。
2005(平成17)年2月以後新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促すフレーズの印字が義務となっている。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺に続く気道(呼吸器の一つ)からの出血のことであり、吐血の方は十二指腸よりも上部の消化管から出血する状態を指しています。
ダイエットしたいがためにカロリー摂取を控える、食べる量を落とす、こんな食生活を続けると結果として栄養までもを不足させ、深刻な冷え性を誘発していることは、色んなところで言われていることです。
学校や幼稚園のような大勢での団体生活で、花粉症の症状の為に他の友達と同様に外で思いっ切り行動ができないのは、子どもにとって腹の立つことです。
「あまりにも忙しい」「手間のかかる人との付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーや情報の著しい進歩になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まる素因は一人一人違います。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が切れてしまった後に売られる、新薬と同じ成分で経済的な負荷が小さくて済む(薬の代金が安い)後発医薬品のことを指しています。
耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けることができますが、この中耳付近に黴菌やウィルスなどがうつって炎症が誘発されたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。
トコトリエノールの働きは酸化を防ぐ効果が殊に認識されていますが、加えて肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするということが知られています。
内臓脂肪過多による肥満が確認され、脂質過多、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上合致するケースを、メタボと名付けています。

コメントは受け付けていません。