うつ病

うつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足し、強い憂うつ感、不眠強い疲労感、食欲の低下、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の辛い症状が2週間以上続きます。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に購入できる、まったく同じ成分で金銭的な負荷の小さい(金額が高価ではない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を下げたり突然変異を誘引する人体に対する有害物質を身体の内部で解毒し、肝臓の性能を良くする特徴が確認されています。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌に感染している人が「せき」をすることによって外気に散布され、空気中でフワフワ浮いているところを別の人が吸い込むことにより感染していくのです。
ピリドキサールは、あのアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要となる回路へ組み込むため、それ以上に細分化することを促進する動きもあります。
アルコールや薬、合成乳化剤を始めとした食品への添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する作用の事を解毒と称し、多機能な肝臓が担っている最も重要な職務の一つであることは間違いありません。
老化が原因の耳の聞こえ辛さにおいては時間をかけて聴力が落ちていくものの、一般的に還暦過ぎくらいまでは耳の衰えをしっかりとは認識できません。
常識的には骨折は起こさない程度のごく僅かな力でも、骨の一つの部位だけに複数回繰り返し持続的にかかることによって、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けましょう。
1回永久歯の表面を保護しているエナメル質を浸食してしまうほど時間の経ってしまった歯周病は、おそらく進行具合そのものが安定することはあっても、なくなったエナメル質が元の量になることはないに等しいと言われています。
アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れてから1ヶ月後、製薬市場の8割がジェネリック(後発医薬品)に替わるクスリもある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界各国に親しまれているという現実があります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く特殊な酵素や、細胞・組織の再生に欠かせない酵素など、約200種類以上ある酵素を構築する要素として絶対なくてはならないミネラルだといわれています。
塩分や脂肪の摂取過多を中止して手ごろな運動をおこなうだけでなく、ストレスの多すぎないような毎日を意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を予め予防する知恵です。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させたりして、肌に良くない影響を与えることになります。
基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではない状態で命を保つ(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張のキープなど)ために必要となる最も低いエネルギー消費量のことを言います。
基礎代謝というものは人間が何もせずに横たわっていても燃えるエネルギー量のことであり、半分以上を様々な筋肉・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳で使うということをご存知ですか?

コメントは受け付けていません。